【キャンプ道具】キャンプで使う2,000円のフライパン ¥2,000 frying pan for camping 【藤田金属,カリふわパン】

オススメ トランギア・メスティンで作る簡単!ちぎりパンの作り方【キャンプ飯】 

こんにちは、温泉しゃぶしゃぶです。

ソロキャンプ用のキャンプ道具。

ソロなのでコンパクト重視で揃えていたのですが

スキレットとか重い割に小さすぎて、炒めたりすると具がこぼれまくり。

調理しにくいんです。

食堂飯調理系キャンパー(勝手ネーミング)としては致命的。

turkとかの大き目のフライパン買おうと思ったんだけど

・・・お値段、高いのこれ

そこで目を付けたのが日本製、藤田金属のフライパンでした。


藤田金属 カリフワパン

藤田金属は大阪にある創業72年の町工場

そんな町工場から生まれる純日本製のフライパンは革新的なものも多数あり

かりふわパンは熟練の職人が生み出すへら絞り加工のフライパンです。

直径サイズは2種類あり。

僕は広々調理したいので24.5cmのMサイズにしました。

以下はスペック

SサイズMサイズ
直径サイズ18.5cm24.5cm
全長28cm34cm
深さ2cm2cm
材質鉄製
表面加工ハードテンパー加工
ハンドルステンレス鋼
IH・ガス火対応すべて対応

深さ2㎝の浅型で調理しやすい

浅型なのでフライ返し(ターナー)やヘラで食材をひっくり返しやすいです。

お皿のような感覚で調理後そのまま食卓へ

キャンプならこのスタイル、いいよね!

浅いため持ち運びにも容易です。


ハードテンパー加工

ハードテンパー加工とは、鉄フライパンを高音の火で焼き付けて表面に皮膜をつくること。

製造工程のなかに皮膜加工を行うことで購入者は買ったらすぐに使えます。

シーズニングとか面倒な方にとってもおすすめです。


鉄フライパンだけど安い

お値段かなり安め

Mサイズ 定価で3,080円ですが

yahooショッピングだと2,000円台で買えるところも。

マジ安い、マジ安!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/shinmiraisouzou/633-4977201005102.html

created by Rinker
藤田金属(Fujita-kinzoku)
¥2,419 (2023/02/08 01:07:41時点 Amazon調べ-詳細)

セリアのフライパンカバーがちょうど良い

セリアに売っているフライパンカバーに収納可能。

持ち運びの際はカバーがあると周辺の道具などに油や汚れが付かなくて良いですね。


熱源を選ばず

IH対応、もちろん直火もOK

焚き火調理

薪ストーブ調理

全てOKです。


調理が楽しくなる

広いフライパンならではの豪快な料理が楽しめます。

キャンプでも自宅と変わらない調理方法が必要な方にはとってもおすすめです。

ペペロンチーノ、焼きそば、回鍋肉など試してみましたが

どれも満足な仕上がりに。

キャンプ飯って楽しいですね。

それでは素敵なキャンプライフを!

created by Rinker
藤田金属(Fujita-kinzoku)
¥2,419 (2023/02/08 01:07:41時点 Amazon調べ-詳細)

注目記事 【ルーフラック乗せた】RAV4 Adventure OFFROAD package にinnoのルーフラック取り付けたからもうトランクカーゴ乗せてもダイジョウV【お値段31,232円】

注目記事 【キャンプDIY】カスタム遮熱板の効果を測定してみたらスゲー効果だった!SOTO FUSION(フュージョン)ST-330【YouTube】

温泉しゃぶしゃぶ

キャンプ道具を愛してますというか取り憑かれています。会社員をしながらキャンプ道具をコレクションしています。

あわせて読みたい