【ワークマンカスタム】ジャスパーによく似たアーバンハイクの靴ひもをパラコードでDIYしました【キャンプ、靴ひもの作り方】

オススメ ふるさと納税でお得にキャンプ用品をゲットするには控除限度額が重要です【ふるさと納税】

こんにちは、温泉しゃぶしゃぶです。

今更ですがワークマンデビューしました。

なんか安くてどうなんだ???

ってずっと思ってたんですけど

リーズナブルなのに高性能。

デザインも悪くないので巷で大人気なのは納得です。

春のキャンプに向けてKEENのジャスパーそっくりさんのアーバンハイクを買ってみました。

おぉ、ほんとそっくり。

赤の紐が特徴ですが、これはキャンプ場で被ってしまうのでは・・・

ちょっとオソロ率高めなので紐を変えてみます。

好きな色にしてみたいのでパラコードで自作してみました!!

アーバンハイクの靴ひもDIY

ちょっとだけおさらいアーバンハイク

各種メディアですでにレビュー記事などは山ほどありますので

さらっとおさらい

DIA高撥水シューズ アーバンハイク

DIAMAGIC DIRECT®加工を施したいるので高撥水。

とんでもなく水を弾きます。

キャンプやアウトドアに最適ですね。

素材はポリコットンらしいんだけど本革風に加工されていて

見た目がオシャレ〜というかジャスパーそっくり〜

お値段1,900円って、ワークマンのシューズ安すぎて震える〜

カラーはキャンパー狙い撃ちの二つ。

サンドベージュとオリーブドラブ

そりゃ買うでしょ。企画力すげーなマジで。


パラコードで靴ひもを作る

では、オソロ率回避のために靴ひもを作ります。

いや〜だって僕おじさんじゃないですか

被って目が合った時の気まずさ。

おじさんの方から一歩引いちゃうのが大人の嗜みなんじゃないかな

そう思っちゃうおじさんなんだな


材料の紹介

靴ひもの材料です

  • パラコード 4mm 140cm x 2本
  • 伸縮チューブ φ3mm
  • アロンアルファー

パラコードは5mmでも良いかも。その場合は伸縮チューブも太くしましょう。

少しルーズに履きたい場合は140cm以上の長さにしてみると良いと思います。

created by Rinker
エルパ(ELPA)
¥91 (2022/09/30 17:04:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥713 (2022/09/30 17:04:50時点 Amazon調べ-詳細)

伸縮チューブを差し込む

パラコードの先っちょを炙ってカッチカッチにて伸縮チューブを差込やすくします。

それでもきつめなので、グリグリ頑張って差込ます。

伸縮チューブ

伸縮チューブを縮ませる

伸縮チューブをドライヤーで温めます。

かなり熱する必要があるので何かに固定して手を触れないようにします。

ドライヤーも出来る限りヒーターに近い部分に近づける必要があるので

送風口などは外して温めます。

ドライヤーにもよりますが1、2分温めると縮むでしょう。


紐の先端を補強する

紐の先端部分の見栄えがよくないのでカットして切り揃えます。

切り揃えた後はアロンアルファーを流し込んで補強します。

カッチカッチやでぇ


Twitterの反応

各種メディアでも取り上げられるほど大人気


アーバンハイクにインストール

後は靴ひもを入れ替えるだけ。

靴ひもを変えるとだいぶ雰囲気が変わります。

白っぽい色にしてみたんですが・・・

あれ、赤の方がなんだか良いですね。

他の色も試してみました

パープル

女子っぽい色になりましたがこれはこれでありですね。

皆さんもいろんな色試してみてはいかがでしょうか?

それでは、素敵なキャンプライフを!


注目記事 【ミニバンキャンプ収納】NOAH80にトランクカーゴはどのぐらい積めるのか?【積載量】

注目記事 ラージメスティンでなべ焼きうどん(高砂食品)【キャンプ飯】

温泉しゃぶしゃぶ

キャンプ道具を愛してますというか取り憑かれています。会社員をしながらキャンプ道具をコレクションしています。

あわせて読みたい