LOGOS陣幕界に宣戦布告!tent-Markの陣幕と比較してみた【キャンプ 陣幕】

オススメ 今更だけど、「ゆるキャン△」見るならアニメもドラマもプライムビデオで全制覇スゲー【キャンプ アニメ】

こんにちは、温泉しゃぶしゃぶです。

キャンプ用品メーカLOGOSが陣幕製品を展開してきました。

陣幕といえばこればでtent-Mark DESIGNSの陣幕の独壇場でしたが、LOGOSの参入により勢力図も変わってきそうです。

LOGOS JINMAKUをテンマク陣幕と比較しながら紹介していきます。


LOGOS JINMAKU-BJ

全長9メートルでタープやテントを丸ごと風から遮断できる陣幕。

難燃生地を使用し焚き火の炎が燃え広がならい仕様です。

まぁ陣幕らしい仕様ですよね。

名前はJINMAKUとローマ字表記。

テンマクが陣幕なので差別化が目的でしょう。

ではテンマクの陣幕とスペック比較してみます。

陣幕はノーマルとワイドを比較対象とします。

LOGOS
JINMAKU-BJ
陣幕陣幕ワイド
サイズ900×140cm510×140cm855×140cm
収納
サイズ
65×13×13cm70×12×12cm?
重量4.1kg4.3kg6.8kg
素材
ポール
スチールスチールスチール
素材
難燃性バルキーポリタフタ
耐水圧450mm
UV-CUT加工
コットン混紡生地(TC)
撥水加工済み
ポリエステル65%
コットン35%
コットン混紡生地(TC)
撥水加工済み
ポリエステル65%
コットン35%
パネル数
価格¥17,200(税別)¥20,000(税別)¥24,800(税別)

リンク LOGOS JINMAKU-BJ

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥18,920 (2020/09/29 01:21:20時点 Amazon調べ-詳細)

リンク tent-Mark DESIGNS 陣幕

リンク tent-Mark DESIGNS 陣幕ワイド


サイズ的には中間かな

テンマクの陣幕と比べてみたけど幅は最長でした。

ただしJINMAKU-BJは両端は三角形になっているので有効な長さはも少し短いのかも。

パネル数も4枚と陣幕、陣幕ワイドの中間の数となり中間の位置付けに入りそうです。

LOGOSは被らないうまいところを狙ってきたんですかね。


価格も最安

テンマク陣幕よりもお安い金額でのリリースです。

テンマクのポリコットンに対してJINMAKU-BJはポリタフタ

この辺でも価格が抑えられているのかも。

素材の違いは総重量にも影響していて、最軽量の重さでした。


つまりあれだ!

LOGOS JINMAKU-BJはサイズ的にはテンマク陣幕にはないところを狙ってきているが、決して小さすぎず。

難燃性のある価格の安い素材を使用し、コストを抑えた。

こんなところですかね!

特に価格が安いのは大きく購買意欲が湧いてきますね。


素材の質感はやっぱりポリコットン

価格が抑えられたり、軽かったりするのは良いのですが

やっぱり陣幕・陣幕ワイドのポリコットンの方が好きって方も多いのかも。

実際に画像の見た感じでもポリコットンの方が質感は断然有利です。

テンマクのポリコットンシリーズファンの方なら間違いなく陣幕かな。


LOGOSシリーズで揃えたい

持っていいるキャンプ道具に合わせてブランド選択といった感じですかね

LOGOSファンの方なら今回発売された陣幕とこれまで使っているテント、タープなどの組み合わせが良いでしょう。

陣幕としての機能はどちらも果たせていますしね!

それでは素敵なキャンプライフを!

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥18,920 (2020/09/29 01:21:20時点 Amazon調べ-詳細)


注目記事 冬もヌクヌク!PANDAに今度はスカートがついたPANDA TC+登場 TCとTC+比較【キャンプ テント】

注目記事 キャンプの朝食に一度は食べたいマフフィン!おすすめです【キャンプ飯】

温泉しゃぶしゃぶ

温泉しゃぶしゃぶ

キャンプ道具を愛してますというか取り憑かれています。会社員をしながらキャンプ道具をコレクションしています。また輸入したキャンプ道具の販売も行っています。

あわせて読みたい