ちょっと広めなワンポールテントSCREES YARI 3×3 tent-Mark他テントと比較してみた【キャンプ テント】

オススメ ふるさと納税2020年 ふるさと納税でもらえるキャンプ&アウトドアな返礼品〜ふるなび編その1【キャンプ用品】

高橋庄太郎さんプロデュースのブランドSCREESからワンポールテントが登場。

tent-MarkDESIGNSとのコラボ商品になっています。

製品名 YARI 3×3

おぉ テンマクさんだんだんとネーミングDODっぽくなってきてませんかw


ワンポールテントだらけやないかーい

YARI 3×3はtent-MarkDESIGNSとのコラボなんだけどテンマクといえばCIRCUS、PANDAなどワンポールだらけのメーカー。

CIRCUS、PANDAにしてもバリーションかなり豊富。

関連記事 テンマクPANDA今度は最軽量なlightが登場【キャンプ テント】PANDAシリーズ比較します

今回のコラボYARI 3×3はどの位置づけの幕なのか気になったので比較してみます


似たような素材で比較してみた

YARI 3×3の素材は40Dナイロン。他のナイロン製の幕と比較してみます。

CIRCUSはTC素材しかないので参考までに比較。サイズ感とか参考になると思います。

YARI 3×3PANDAPANDA
LIGHT
参考
CIRCUS TC
素材
フライシート
リップストップナイロン40D
(PUシリコンコーティング)
リップストップナイロン40D
(PUシリコンコーティング)
リップストップナイロン20D
(PUシリコンコーティング)
コットン混紡生地(TC)
撥水加工済み
収納サイズ420×140×140mm430×240×130mm520×140cm
組立サイズ3,000×3,000×2,300mm2,400×2,400×1,500mm2,400×2,400×1,500mm4,200×4,200×2,800mm
重量1.83kg
(ペグ/張り綱/収納ケース含む)
2.26kg
(ポール/ペグ/張り綱/収納ケース含む)
1.94kg
(ポール/ペグ/張り綱/収納ケース含む)
10.880kg
(本体・張り綱6.45kg、ポール2.36kg)

created by Rinker
テンマクデザイン
¥22,330 (2020/09/29 14:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

リンク tent-MarkDESIGNS SCREES YARI3×3


組み立てサイズはPANDAとCIRCUSの中間

YARI 3×3のフロアはその名の通り3m×3m。

PANDAとCIRCUSの中間サイズのテントになります。多少PANDA寄りではありますが。

公式大人8人が横たわれるサイズと言っとります。

きっと実際に横たわったら狭そうですがね。

とはいえ、PANDAよりも大きなサイズでソロテントというよりは複数人で楽しめるテントです。

高さが2.3あるのも良いですね!


かなり軽量!?

スペック見ると最軽量!?

ってよく見るとポールもインナーも含まず。

実はYARI 3×3は「超軽量でコンパクト、なのに広々とした山岳テント」ってのをテーマにしたテント。

つまり山岳テントなのでポールはあえて別売り。

トレッキングポールやカヌーのパドル使うことも想定したものなのであえて付属しない仕様

重さはサイズなりってことですがナイロン素材なので軽量なのは間違いなし。

フライシートだけだと1.5kgになります。


PANDAには無いスカートが付いている

YARI 3×3はスカート付き。

冬キャンでの風侵入を防いでくれます。

これはPANDAには無い仕様。

PANDAって下すっかすかなんですよね〜

スカート付きなので一年間使えるテントとして活躍しそうですね。


インナーないからテントインテント

インナーテントは無いので、インナーテントは別で購入することになります。

純正のインナーテントもなしね。

なのでこのテントに収まるインナーテントを探す必要があります。

ってインナーを使う場合はですけど、そのままインナーなしでも使えるのでこの辺も自由度は高い幕なのかもしれません。


ちょっと高いのかも

インナーもねぇ

ポールもねぇ

サイズは少しでかいけれど

PANDAと比較して1万円ぐらいお高くなります。

スカート分もプラスされるとこんな感じなのか?

どちらかというとPANDAがお買い得感が高いからなのかも。


ちょっと広い山岳テントの選択肢に

メーカ推奨のスタイル「超軽量でコンパクト、なのに広々とした山岳テント」ってところにはバッチリハマってますね!

コンセプト通りの仕上がりは流石です。

広さや機能(スカート付きなど)から見ても、山岳テント以外のキャンプスタイルにも合いそうです。

山岳志向や野宿志向のタフなテントといった感じですかね。

2020年3月下旬発売です。

僕の場合、PANDAの次に買うならと・・・

考えたけど山岳スタイルでは無いのでやっぱりCIRCUS TCかなぁ

それでは素敵なキャンプライフを!


注目記事 ステンレスボトルだけじゃない!サーモス アウトドアシリーズの新作に真空断熱カップそして燻製器も【キャンプ】

注目記事 実はキャンプに必需品な持ち物モバイルバッテリー【キャンプ用品】

温泉しゃぶしゃぶ

温泉しゃぶしゃぶ

キャンプ道具を愛してますというか取り憑かれています。会社員をしながらキャンプ道具をコレクションしています。また輸入したキャンプ道具の販売も行っています。

あわせて読みたい