寝心地の確保は最重要!キャンプ初心者のファミリーキャンプ計画【キャンプ用品】

こんにちは。温泉しゃぶしゃぶです。

キャンプでの寝心地の確保は最重要です。寝心地の確保は計画的に行いましょう。

キャンプを始める前は気づきにくいのですが、テント泊してみると寝心地が大事だよなって気付きます。

寝袋あれば大丈夫じゃね?って思いがちですが、大間違い。寝袋だけでは背中痛くて眠れなかったり、湿気で不快感を感じたりと侮ってはいけないのです。

快適に寝るにはそれなりの知識と装備が必要になります。

今回は快適な寝心地の為のキャンプの寝床作りについてまとめてみます

他にも初めてのキャンプについてまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

リンク キャンプ初心者のキャンプの始め方(自分のスタイルでキャンプを楽しむ)

リンク キャンプ初心者のファミリーキャンプ計画−テント−【キャンプ用品】


快適な寝床作りの基本

寝心地が良い快適な寝床を作るにはまずは寝床の基本階層を作る必要があります。

階層は下から順に以下が理想です。

色々方法があるので皆さまの異論は認めますがここでではとりあえずこの階層で。

  • 第一層 地面
  • 第二層 グランドシート
  • 第三層 テント本体
  • 第四層 銀マット
  • 第五層 マット
  • 第六層 寝袋

第一層 地面

キャンプ地選びも重要です。ここから全てが決まるといっても過言ではありません

テントを張る場所が石だらけなんて場所はなるべく避けるべきです。いくら次の階層で吸収すると言っても限界がありますからね。

テントを張る場所もなるべく平らで寝心地が確保できる場所を選びましょう


第二層 グランドシート

これはインナーテント保護の為にも必ず必要ですね。必須で敷くことになるので忘れることはないと思います。

テントの保護以外にも、地面からの湿気や断熱対策にもなるものです。

テントの後グランドシートの裏側を見るとたっぷりの湿気がついています。

これだけの湿気をグランドシートで防いでくれているんだなと感心します。


第三層 テント本体

これはテントの本体ですので省略します。


第四層 銀マット

銀マットはキャンパーならご存知!おなじみの道具で地面からの熱気や冷気を防ぐものになります。

また極厚な銀マットもあり、地面の凸凹を吸収する役割もします。

銀マットは夏場など地面からの熱を遮断したい場合は銀の面を下にします。

逆に冬場は、室内の熱を地面に逃さないように銀の面を上にして使います。

銀マットがあるのとないのでは大きな差が出るので、快適さを求めるのであれば必ず必要な道具となるでしょう!

created by Rinker
ユーザー(User)
¥1,748 (2019/07/21 10:55:06時点 Amazon調べ-詳細)

第五層 マット

銀マットでも多少地面の凸凹を吸収できますが、さらなる寝心地を求めるならばその上にマットが必要になります。

マットにも色々種類があります。

  • エアマット
  • インフレーターマット
  • EVAフォームパッド

寝心地を求めるなら厚めのマットを選びたいところです。

畳んだ時のコンパクトさや、総重量もいろいろあるのでキャンプスタイルに合わせてお好みのものを選択する必要があります。


第六層 寝袋

ここまで来てやっと寝袋本体の機能が発揮でき快適なな心地となります。

第5層までで地面からのストレスを吸収し快適に眠れる環境となります。

ここまでが基本的な寝床の構成です。

キャンプを始める時はまずはこの構成を参考にしてみてください


マットの代わりにコットを選択

ここからは応用編です。
エアマットなどのマット以外にコットを使う場合もあります。


コットとは?

感簡単に言うと簡易ベットです。

キャンプで使うベットで組み立て式で携帯が可能です。


コットの良さ

コットの良さは背中の面が地面と接しない為地面からの凸凹を完全に吸収できる点です。

また、地面との距離がある為寒い日の底冷えの影響を直接受けにくいことも利点です。

夏場も通気性が良いので快適な寝心地を確保するのにはとても良いですね。


コットって高いのでは?

なんとなく高そうなイメージですが1万円以下で買えたりするものもあります。

マットの値段にも近づいている為、どちらを選ぶか悩みますね!

とはいえ、家族分揃えるとなると結構な出費となってしまいますね・・・

そんな時はDODのコット!かなり安いですね!


その他寝心地の良いものは?

地面からの影響を受けないと言う点ではハンモック泊もおすすめです。

ちょっとキャンプスタイルは変わってしますので、いきなりキャンプ初心者には手が出しづらいですが、究極の寝心地はハンモックなのかもしれませんね。


快適な寝心地を手に入れよう

いかがでしたか、キャンプの寝床についてまとめてみました。

快適な寝床を手に入れることでより楽しいキャンプの時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

キャンプで眠れなかったり、疲れが取れなっかったりしないようように是非快適な寝床は計画的に用意しましょう

では、素敵なキャンプライフを!


人気記事 他人と違う!お気に入りなホーローマグカップで過ごすキャンプ【キャンプ用品】

人気記事 ふるさと納税でもらえるキャンプ&アウトドアな返礼品〜ふるなび編(2019年)【キャンプ用品】

温泉しゃぶしゃぶ

温泉しゃぶしゃぶ

キャンプ道具を愛してますというか取り憑かれています。会社員をしながらキャンプ道具をコレクションしています。また輸入したキャンプ道具の販売も行っています。

あわせて読みたい